相続税の計算と税金の金額について

相続税の計算方法

相続税とは亡くなった人から法定相続人が贈与された金額に対して課税される税金です。
支払うべき税金については国が定めた基準があり、現在は600万円に法定相続人の数を乗じた額に3000万円を足した金額を基礎控除額として、これを超えた部分に課税されてきます。
例えば相続した金額が5000万円で法定相続人が2人だった場合には、5000万円から基礎控除額として4200万円を引いた800万円が課税の対象となります。
つまり相続した金額が4200万円以下だった場合には、相続税は課税されない事になるのです。

相続税の対象となる範囲

課税の対象となる資産については、現金や株式、土地などがありますが、墓所や国に寄付した財産など課税の対象にならない物もあり、生命保険金については500万円に法定相続人の数を乗じた金額より少なければ対象にはならないのです。
最終的に支払う金額については、課税の対象となる資産の総額で決まってきます。
例えば1000万円以上3000万円以下の資産が課税対象となった場合には、課税対象額から15パーセントを乗じた金額から50万円を差し引きます。
遺言等によって法定相続人ごとに相続する金額も異なる事もありますので、国税庁の資料等を参考にして自らが支払う金額を把握しておく事が大切です。

相続税の支払期日

相続税は、被相続人が亡くなった事を知った翌日から10か月以内に申告する事になっています。
せっかく受け取った大切な資産を守るためにも確実に納税手続きをする事が大切です。
決して無申告で後から余計に徴収されることなどのないように納税の義務をしっかり守って、スムーズな相続手続きを行う必要があるのです。
相続した財産には、亡くなった被相続人から死亡前3年以内に贈与された財産も含みますので注意が必要になります。
分からない事は積極的に税務署に問い合わせて確認をする事も大切だと思います。