遺産相続の流れと注意点

遺産相続の手続き

遺産相続とは、亡くなった人が所持していた財産を相続の権利のある人に受け継ぐ事を言います。
財産には現金や株式などの金融資産から、亡くなった人が趣味で集めていた骨董品、不動産等も含みます。
資産だけではなく、債務などの負債も受け継ぐことになりますので事前に故人がどの程度の資産と負債を所持していたのか把握しておくと良いと思います。

相続人同士の話し合い

遺産相続は役所に申請をする必要はなく、財産保持者が亡くなった時から相続人に受け継がれる事になります。
相続する財産の額については遺言等を確認しながら相続人の間で話し合いが行われます。
この時にトラブルがあるのは、亡くなった人とほとんど関わりの無い人物が出てきたり介護などを日常的に行っていた人に対する割合をどうするか等があります。

相続権利には順位があります

このようなトラブルがないように相続人には優先順位が設けられています。
最も優先なのは配偶者と子供で、その後父母、兄弟の順に相続の権利が与えられるのです。
本当は遺言があって亡くなった人の意思が確認できるといいのですが、急に亡くなってしまうケースもあるため民法で定められている順位を基に相続手続きをする事が重要です。

相続分は法律で決められています

また、相続の割合につては民法で定められている部分があります。
それは亡くなられた方の相続人が配偶者と子供だった場合には配偶者に財産の半分で、残りを子供で分ける事になるのです。
基礎知識として理解しておく必要があると思います。

相続をするかどうかから検討しましょう

遺産相続では債務などの負債も相続の対象ですが、例えば資産から負債を返して残った負債の相続を拒否するといった手続きも可能ですので専門家に相談してみると良いと思います。
相続を放棄する場合には財産を持つ人が亡くなられた事を知った翌日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届ける必要があります。
大切な人が亡くなって辛い時に大変だと思いますが、自分が作ってもいない負債まで相続しないように早急に手続する事が求められるのです。