遺産相続をするべきかしないべきかの判断方法

遺産相続は死後即時に開始される

最初に、遺産相続とは死去した方の持っていた遺産をその家族である、配偶者や子供、孫に相続させることを言います。次に遺産相続に方法ですが、相続手続きの開始は、届出をしてからというわけではありません。
そのためたとえ、被相続人が亡くなっているのを知らなくても、相続自体は死去ののちすぐに開始されます。

遺産を相続する場合の法的手続き方法

では、簡単に手続き方法について説明します。
まず、死去した方の持っていた財産を調べることから始めます。
この時に現金や銀行預金など以外にも株や不動産なども含まれます。
次に相続人の戸籍標本をすべて集めて、内容を確認して法定相続人を特定していきます。
特定し終わったら、法定相続人で誰がどれだけを受け取るかを決めることになります。
基本的に全員で話し合い合意のうえで決めることになります。
そして、話し合いで決まったこと記した遺産分割協議書を作成して終了です。
ここまでが簡単な流れですが、実際には、さらに複雑ですので専門家に依頼をすることが多いです。

遺産の相続放棄をする場合の手続き方法

続いては、死去した方が借金を抱えていた場合についてです。
一般的には相続放棄という方法があります。
なお、相続開始を知ってからもしくは自分が相続人となったと知って3カ月以内という条件で相続放棄することができます。
ですが、放棄した場合には相続する予定であった預金や不動産なども同時に放棄する形することになりますので、相続できる金額よりも借金の方が多いかを一定期間内に調べていくと良いです。
最後に、相続放棄をした場合の注意点ですが、放棄したこと自体は相続人全員に話しておいた方が後でトラブルになりません。
放棄をするということは、代わりに新たな相続人が出てきますので、借金の場合には次に相続人が支払いをするということになります。