相続税対策で不動産の扱いは重要です。

土地や家がある場合の相続

相続税では様々な問題が噴出することが多く、その原因は相続ということにあります。
これまでほとんど面倒を見てこなかった子供たちが、その親が亡くなって初めて何十年か振りに集まって話し合いをする、しかも、お金の絡む話でもあり、その財産の形態も現金ならともかく、不動産や有価証券など様々な形で残されるということが通常のパターンなのです。

不動産は現金化が問題になる

その場合に、現金や有価証券といった分割の容易なものはあまり問題になりませんが、不動産、つまりその親が住んでいた家や土地というものは容易に分割もできませんし、また、処分に当たってもスグに簡単に売れるということはないため非常に厄介なのです。

不動産は亡くなる前に死後の方針を立てたい

こうした相続税において問題となる不動産の扱いについては、相続の争いの面はともかく、いかに評価額を下げるかということで対処するのが通常のやり方です。つまり、ただ単に相続をしてしまうと相続税がかなり取られてしまうからです。
さらに不動産の場合厄介なのは分割も困難でもあり処分にも時間がかかるということであり、本来は亡くなる前に何とか対策を打っておきたいものです。

超高層マンションは相続税対策にぴったり!

不動産に関しては事前に取れる対策というのはいろいろとあります。まず不動産自体の購入の仕方ですが、最近超高層のマンションが富裕層に売れているという話がありますが、これこそ対策のためなのです。なぜなら不動産に閉める土地の割合が超高層マンションの場合は非常に少ないため評価額が非常に安くなるからなのです。さらに、賃貸に出してきちんと賃借人を住まわせることができれば賃貸物権としてさらに評価額が下がるという仕組みになっているのです。
この賃貸というのはポイントで最近アパートが過剰ではないかといわれるぐらいに経っているのもこうした仕組みを反映しているのです。
不動産の事前の対策は税金対策としてはとても大事なのです。