不動産を遺産相続する際にトラブルに遭わないために知っておきたいこと

遺産分割協議について

修道院の中庭遺産相続する際には遺産分割協議を行う必要があります。
法律によって誰がどれだけの遺産を引き継ぐかということが決められているとは言っても、実際は法律通りの配分比率で分けることは困難です。
現金や預貯金などは法律通りの配分比率で分けることは比較的簡単ですが、不動産を所有している場合は少し難しいです。

不動産の相続問題

不動産も法定相続人全員の共有財産とすることが出来ます。
しかし現実的には不動産は1人の法定相続人が引き継ぐことが望ましいとされております。
法定相続人全員で引き継ぐと相続した際は不公平がなく皆納得しますが、その後不動産を売却したり活用したりする際に所有者全員の承諾が必要となりますので、問題が生じ易くなります。
不動産は遺産の中でも価値が大きいですので、不動産を1人の法定相続人が引き継いだ場合の残りの法定相続人との間に不公平が生じないようにする為に、遺産分割協議で様々な話し合いが必要となります。

遺産の分割方法について

具体的な分割方法としては代償分割と言う方法があります。
不動産を相続した法定相続人が他の法定相続人に対して代償金を支払う方法です。
そうすることによって法定相続人間で不公平を無くします。

不動産価値の選定がポイント

ただし代償分割を行う場合は、不動産を価値を正確に見出さなければいけません。
例えば土地などは一物四価と言って同じ土地でも様々な評価基準があります。
法定相続人全員が承諾すればどの評価基準を用いても構わないのですが、トラブルを起こさない為には客観的で正確な価格を見出すことが重要です。
その為には専門家のアドバイスを受けることも必要となります。
遺産分割協議が成立すれば遺産分割協書を作成して、法定相続人全員の署名捺印をもらいます。
遺産分割協議書を持って行けば法務局で不動産の名義変更などの手続きを行えます。