現代の聖騎士が中世からの遺産を相続しつつ紛争を未然に防ぎます!

相続税に関して知っておかなければならないこと

相続は悩み多き問題

行進する騎士たち自分の両親や伴侶が亡くなった時、故人の名義であった貯蓄や土地家屋を相続することが必要になって来ます。しかし、様々な手続きに悩まされる人も多いのが現実なのです。
しかし、相続すべき財産があることを知ってから10か月以内の手続きが必要となり、遺言状などが無かった場合、誰が何を相続するのかでもめることがあります。
また、遺言状があっても法定相続人の承認を得なければなりません。そのため、遺産相続に関しては多くの時間を有することもあるのです。
相続時に弁護士や法律家などのプロフェッショナルに依頼しなければならないと言われる所以です。

相続する財産は多岐にわたる

故人の財産を相続する時には相応の相続税の支払いを請求される事も考えておかなければなりません。
地価が高い都会の一戸建てや経営していたアパートなどを相続した場合や、多くの土地、田畑などを相続した場合には多くの税がかかり、売却をしなければ支払いが困難になると言ったケースも出てくるのです。
また、貴金属や価値のある絵画や骨董なども相続の対象になって来るので、多くの税の支払いが生じる場合もあるのです。

相続税には控除があります

しかし、相続税には基礎控除と言って相続人の人数によって税金の控除を受けられるシステムがあるのです。そのシステムを利用して相続を開始します。
基礎控除とは、個人の金融財産や土地家屋などすべての財産に対して、3000万円+相続人×800万円の金額の事を言います。相続人の人数が多いほど控除額は多くなります。
亡くなった個人に妻と子供二人がいた場合、3000万円+800万円×3人で5400万円の控除が受けられる事になります。この基礎控除以上に遺産がある場合はその遺産に対して相応の倍率で税金が科せられるのでです。
最近ではこの相続税対策として生命保険に加入したり、生前贈与を行う人も多くなっています。いずれにしても多くの遺産を受けると税金の支払いが生じることを考えておく必要があるのです。
まずは専門家に相続弁護士相談して下さい。

新しい遺産相続エピソード

  • maria220

    法定相続人の仕組みについて

    法定相続人とは誰のことか? 基本的に我が国では、亡くなった人は自分の意志によって遺言をし、亡くなった後の財産に …

    続きを読む...

  • nakaniwa220

    不動産を遺産相続する際にトラブルに遭わないために知っておきたいこと

    遺産分割協議について 遺産相続する際には遺産分割協議を行う必要があります。 法律によって誰がどれだけの遺産を引 …

    続きを読む...

  • tyoukoku220

    遺産相続の権利を有する法定相続人について

    法定相続人は国が定める遺産の権利者 遺産相続に関しては誰がどれだけの遺産を相続するかということが、民法によって …

    続きを読む...

  • mail220

    不動産以外の相続税対策をご紹介

    2015年の相続税改正について 今年1月に相続税の大改正が行われました。メディアでもこれでもかというほど特集が …

    続きを読む...